2018年4月17日(火曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のログカレンダーへ戻る
ログデータ

●1本目/ショートケーブ 
天候 風向
2.5 m    
気温 18 ℃ 水温 23.1 ℃
EN 10:28 EX 11:16
MAX 13.0 m AVE 9.4 m
透明度 25 m 潮流 なし
生物 ミミイカの卵、イイジマウミヘビ、キカモヨウウミウシ、キイロウミウシ、アカマツカサ、ハタンポ、アオギハゼ、キスジカンテンウミウシ、アカテンイロウミウシ、
メモ 今朝もシトシト雨。。。 東京出張から帰ってきてから雨の日が多い宮古島です、まさかの梅雨入り? でもまだ2週間早いので違うのでしょう。

今日は2ダイブ予定。 普段は3ダイブの日が多いのでたまに朝から2ダイブだと時間的に余裕です。 でも考えてみるとダイコンが普及する前(25年くらい前のダイブテーブルで潜っていた時代)までは1日2本以上潜れるなんて考えてもみなかったです。
1日3本潜れるようになったのはやっぱダイコンのおかげ。  

ウミウシがいっぱい見られました。 特に探しても無いのでそろそろウミウシ・シーズン到来かな。 これから初夏にかけてはいろんなウミウシ(レア系も含めて)が増えてくる時期です。 
ウミウシ・フェチの方はぜひどうぞ!  でも1発台風が来ると全部いなくなっちゃうんだよね。


●2本目/オアシス 
天候 曇り 風向 NNE
2.0 m    
気温 19 ℃ 水温 22.8 ℃
EN 12:45 EX 13:34
MAX 10.1 m AVE 7.9 m
透明度 20 m 潮流
生物 グルクン(イッセンタカサゴ)、スカシテンジクダイ、ヘラジカハナヤサイサンゴ、コブハマサンゴ、ハマクマノミ、キンメモドキ、スナゴチ、ニセアカホシカクレエビ、
メモ 気分を変えてお次は砂地ポイントへ。 宮古のダイビングって地形のイメージが強いのですが実は地形以外にもいろいろあるんです。

ここのポイントは年間を通じていつ潜ってもスカシテンジクダイやキンメモドキがいっぱい! 特にこれから初夏にかけては新たに子供たちも生まれてもっと賑やかになってくるでしょう。

延々と続くまるで砂漠のような白い砂地をズンズンゆくと突然隠れ根があり、そしてそこには無数の魚たちが群れてます。 これぞまさにオアシス、癒されます・・・。