2018年4月11日(水曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のログカレンダーへ戻る
ログデータ

●1本目/白鳥幼稚園 
天候 曇り/雨 風向
1.5 m    
気温 24 ℃ 水温 23.0 ℃
EN 9:23 EX 10:09
MAX 17.2 m AVE 12.5 m
透明度 25 m 潮流
生物 コールマンウミウシ、貝(巻貝系)の卵、クマノミの子供、アカネハナゴイ、キンギョハナダイ、ドクウツボ、オトヒメエビ、ガラスハゼ、ハタタテハゼ、ツユベラのYg、シロタエイロウミウシ×2、ネッタイミノカサゴ、ハナミノカサゴ、
メモ 1週間ぶりに海に入りました。 東京出張も楽しかったけどやっぱり海に浸かるとホッとします。 たった1週間だけど見るもの全て新鮮に感じられたりして。(^^)

今日のゲストはお一人だけ、マンツーマンでのんびりと潜りました。 1年ぶりとのことでしたのでまずは体慣らしです。 こんな時「幼稚園」は重宝します。

エキジットすると大雨&雷も! 水中でも暗かったし時折稲光も見えてたので分かってはいましたけど、なんてこった!(>_<) でも今日の雷はそれ程でもないレベルです。 ビビリーのボクでもまだこれならギリ許容範囲かな・・・。


●2本目/L字アーチ 
天候 風向
1.5 m    
気温 24 ℃ 水温 22.8 ℃
EN 11.5 EX 11:45
MAX 27.4 m AVE 16.5 m
透明度 25 m 潮流
生物 ウルマカサゴ、アカマツカサ&ベニマツカサ、カノコイセエビ、ノコギリガニ、アシブトイトアシガニ、ヒメサンゴカサゴ×2、ヨスジフエダイ、アカヒメジ、ヒロセガイ、ヨコシマクロダイ、
メモ 体慣らしも終えてお次はちょっと深場&狭〜い洞窟探検を♪
 
通常利用するポイントの中では一番狭いトンネル「ワープホール」。 やっと一人通れるくらいの細いトンネルを巡ってゆくとアカマツカサ&ベニマツカサの大群やたくさんのエビ・カニ類がお出迎えしてくれます! 穴好きにはたまらんポイントですね。

今日見たイセエビもでかかったなあ〜!! 宮古では資源保護のため産卵期の4月1日〜6月30日までは禁漁期間になってます。 こんな大きなイセエビが見られるのも今のうちだけなのかも!? 


●3本目/Wアーチ 
天候 風向
1.5 m    
気温 24 ℃ 水温 22.9 ℃
EN 13:07 EX 13:57
MAX 16.6 m AVE 12.3 m
透明度 25 m 潮流
生物 ミドリリュウグウウミウシ、アカマツカサ、キミオコゼ、ウコンハネガイ、チギレフシエラガイ、オヤビッチャ(卵を守ってる)、リュウキュウフクロウニ、ユビウミウシ、ノコギリダイ、パイナップルウミウシ、
メモ 本日のラスト、宮古定番ポイント「Wアーチ」。 

2つのアーチとトンネルを周る地形も生物観察もダブルで楽しめる万能ポイントです。 「Wに始まりWに終わる」と言われたり、冗談ですが「ポイントがダブるからWアーチ」とも言われたり。

今日は繁忙期とは違って贅沢にもポイントをほぼ貸切状態でした。 人数が少ないのでじっくりと時間をかけてトンネル内を探索。 トンネルの2階へも行ってリュウキュウフクロウニやらユビウミウシやらも発見できました!(^^)/