2018年12月13日(木曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のログカレンダーへ戻る
ログデータ

●1本目/中の島ホール 
天候 曇り 風向 NNE
3.0 m    
気温 19 ℃ 水温 25.2 ℃
EN 9:26 EX 10:23
MAX 27.7 m AVE 12.7 m
透明度 25 m 潮流
生物 リュウグウウミウシ、カクレクマノミ、スミレヤッコ、シモフリタナバタウオ、クチムラサキタカラガイ、アカマツカサ、アオギハゼ、ミズイリショウジョウガイ、ホソカマスの群れ、
メモ 全国的な寒波が来てるようです。 宮古島でも北風がとても冷た〜い。手の指先や裸足の足元が冷たくなる感覚はこの冬初かも。 でも水温は高めなのでエントリーすると一瞬だけですがお湯のように感じます。

ホールをぐるっと回ってから湾内にいるホソカマスの群れを探しに行きました。一応群れには会えたけど以前の5分の1くらいに数が減ってました。


●2本目/中の島チャネル 
天候 曇り 風向 NE
3.0 m    
気温 20 ℃ 水温 25.0 ℃
EN 11:16 EX 12:14
MAX 14.7 m AVE 9.3 m
透明度 25 m 潮流 なし
生物 ホソカマスの群れ、オビテンスモドキのYg、ツバメタナバタウオ、ヤミスズキ、ウコンハネガイ、アカマツカサ、アオギハゼ、
メモ ゲストリクエストの ”ホソカマスの群れ”は1本目で見れた数が少なかったので、「もしかして漁師に獲られちゃったかな?」と思ってましたがもっといろいろ探してみると無事だったようです。 

群れが分断されてて3〜4つくらいに分かれてるみたい。 ダイバーに追いかけられてこうなってしまったんでしょうか? とりあえずみんなで頑張って群れを結合させるように追い込んでみることに。 けっこうな距離を上手く誘導した結果2つの群れは無事に合体! でも疲れたので本日はこれまで。 


●3本目/一の瀬ドロップ 
天候 曇り 風向 NE
2.5 m    
気温 20 ℃ 水温 24.9 ℃
EN 13:30 EX 14:10
MAX 26.5 m AVE 15.8 m
透明度 30 m 潮流
生物 スミレナガハナダイ、クマザサハナムロ、カスミチョウチョウウオ、ホワイトチップシャーク、ハナゴイ、ハナビラクマノミ、ノコギリダイ、
メモ 透明度が良かったです! 沖の根や三角岩のシルエットもクッキリ。 ドロップの底の方まではっきりと確認できます。

でも期待した大物の登場はなかったなあ〜。チラっと底の方にホワイトチップの姿が見られたくらい。まあこればっかりは仕方ないですけど。

明日はお休みです。 そして今晩はこれからマープロ忘年会予定です。